マグヌス

 
最終更新日時:
伝説のバイカーマグヌスとはこの俺様のことだ。

データ

検体番号性別年齢国籍職業
15M-RFT1834米国暴走族
マグヌス・スコット / Magnus Scott

アメリカの有名な暴走集団LATHAMのリーダー。
彼がリーダーになる前から有名な集団であったので、他のバイカーたちからの牽制は絶えず、その結果 彼らが行く先々で集団抗争が起きた。
相手が何人であろうとマグヌスは勝ち続け、そのおかげで暴走族の間では生きる伝説となり、LATHAMを代表する人物となった。
マグヌスはそのような自分の力に対して大きなプライドを持っている。

暴走族出身なのでよく相手を挑発する。
力! 根性! という言葉が好きらしい。

購入進級
21500350無料200030004000

スキル

17対1
現在の地域にいる全ての敵に基本攻撃の140%にあたる
スキルダメージを与える。(クールタイム90秒)
  • コンバットスキル(戦闘中に任意で使用する)
  • プレイヤーにのみ使える

頑丈な体
自分よりレベルが高い相手から攻撃されたとき、
レベル差×3の値だけダメージを減少する。
  • パッシブスキル(常時発動)

ステータス

基本ステータス( Lv1→ 18 )
クラス攻撃力防御力体力スタミナ
☆516 → 55.114 → 51.4120 → 222112 → 197

武器の初期熟練度
斬り突き鈍器投げ拳法ランダム
ランクFFDFFFE

【 ステータス詳細 】
基本ステータス( Lv1→ 18 )
攻撃力防御力体力スタミナ
8 → 47.16 → 43.4104 → 20696 → 181
☆210 → 49.18 → 45.4108 → 210100 → 185
☆312 → 51.110 → 47.4112 → 214104 → 189
☆414 → 53.112 → 49.4116 → 218108 → 193
☆516 → 55.114 → 51.4120 → 222112 → 197

成長値
攻撃力防御力体力スタミナ
2.32.26.05.0

成長グラフ( 数値:★5 )
攻撃力防御力体力スタミナ

武器の初期熟練度(旧表記)
斬り突き鈍器投げ拳法ランダム
旧表記50507030303060

プレイスタイル

ゲーム内より

【 マグヌスの特徴 】

  • マグヌスは一つの地域全体に広域攻撃ができます。
  • あえて敵を発見しなくても戦えるという点を活用しましょう。


資料室の評価




【 利点 】
  • スキル「17対1」

  • 攻撃力の優位


【 欠点 】
  • 枯渇するスタミナ

  • 失敗は取り返せない


実験日誌

日誌タイトル条件日誌内容
プロフィールキャラクター購入
行動パターン熱い鉄パイプ?を10回製作
弱点・トラウマゴリラを100回狩る
好き嫌い燃えるジャケットを8回製作
周りのインタビュー一度の対戦で敵に与えたダメージが3000以上

キャラクタースキン

罪囚 マグヌスマフィア マグヌス傭兵 マグヌス
98014701960

罪囚 マグヌスこんな鎖でこの俺を閉じ込めておけると思ってるなら、引きちぎってやろう。
マフィア マグヌス力と権力を積み上げ、その伝説を一番高くて傲慢な者に捧げよう。
傭兵 マグヌスその弱さで同情は引けるかもしれないが、己の身を守ることすらできないだろう。

セリフ

紹介文伝説のバイカー マグヌスとはこの俺様のことだ。
選択時燃えるぜ!
実験開始今日も走ってみるか!
敵と遭遇そこ、どいてもらおうか。
じっとしてろ。
止められるもんなら止めてみろ!
スキル1(鈍器を振って宙を切る音)
スキル2 ー
勝利俺様は誰にも止められねぇ!
敗北この俺が負けただと...認めんぞ!
死亡時...俺様が...最強...
  • 敵と遭遇時のセリフは語調が違うパターンもある

CV(日本語) 藤 聡一郎 

備考データ・トリビア

  • 実装順では 15-17人目のキャラクター。アイソルレオンと同時に実装された。
  • 身長186cm、体重97kg、職業は暴走族、家族はいない。
  • 誕生日は2月1日。

  • 何でも力で解決できると思っている。

設定関連

  • 暴走族LATHAMのリーダーだった。

  • リーダーに抜擢される前から自分の力に素晴らしく誇りを持っていた。
    仲間に愛着があるというより、他者に自分の力を示すシンボルと思っている。


  • 権力や義理ではなく、自分の強さと根性を証明するためにリーダーになった。
    それが仲間に強い愛着を持つ次席のマックスとの対立を招き、頻繁に争うようになる。

  • マグヌスがリーダーになってからLATHAMは「走り」より「暴力」が中心に変わった。
    これについて仲間たちは良く思わず、離れようとする動きを見せる者も現れてきた。

    マグヌスは自分がずっと最強の存在としているためにLATHAMを維持しないといけないと考え、
    それには自分が「力」だけでなく、先代に劣らない暴走族の資質があることを証明しようと思った。
    そこで彼は、自分とリーダーの座を争ったマックスとバイクレースをすることに決める。

    だが、レースの最中にマックスが路上にあったゴミにタイヤを滑らせて死んでしまうのだった。

  • LATHAMでは、リーダーの座を奪われるのを恐れたマグヌスがマックスを殺したという噂が流れた。
    元から彼を良く思っていなかった仲間たちの間で噂は事実として広まるようになる。
    マグヌスが真実ではないといくら主張したところで誰もその言葉を信じはしなかった。

    これまでは、自分の強さを追い求める以外に何も思うところはなかったマグヌスだったが、
    少し前まで媚びてきていた奴らが手の平を返して他の側に付くのを見て、弱者に対する嫌悪が生まれた。


  • 力やチームで何かを得たいという目的はなく、自分が誰よりも強いことを証明し続けたい。

スキル・スキン関連

  • スキン「罪囚 マグヌス」は「マックスを殺した疑惑で逮捕され収監されていたら」がコンセプト。

  • 公式ファンキット」には、韓国語の「罪囚 マグヌス」「マフィア マグヌス」専用ボイスがある。


  • スタミナの数値が低めなのは煙草を吸ってるせいだそう。

  • 暴走族LATHAMの名は、鳥類学者 John Lathamから。
    設定を担当していたGMアヤが鳥好きだったためだと思われる。



ログ

  • 旧UI(Ver.4.1まで)

【旧ゲーム内ヘルプ】
序盤中盤終盤
強い普通弱い
【 マグヌスの特徴 】
  • マグヌスは一つの地域全体に広域攻撃ができます。
  • あえて敵を発見しなくても戦えるという点を活用しましょう。

【 マグヌスを相手にする時の戦略 】
  • 彼を相手にするときは騒ぎや銃声に気をつけてください。賑やかなところにやってきます。
  • 1対1で戦うときにも、彼はスキルで追加攻撃できるようなものだということを忘れないでください。

【 おすすめの序盤ルート 】
  • ホテル?を探すか、高級住宅街?を探します。
    ?剃刀と合わせると鉄鞭?になります。
    ?短棒?と合わせると鎖棒?になります。






コメント(0)
Twitter

コメント

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる
メニュー  

情報

イベント

システム

システム+

データ

実験体

熟練度別

製作・材料

種類別

種類別

NPC

実験場

実験背景

その他

LINK

日本語

English

한국어

русский

ไทย

Tiếng Việt

中文


wiki編集



左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
実験体リスト
ブラサバって?
実験体の紹介
4 ルミア島
5 シセラ
6 作りやすい武器
7 初級ガイド
8 JP
9 Steam版
10 フィオラ
最近の更新

11時間まえ

13時間まえ

15時間まえ

16時間まえ

17時間まえ

新規作成

2018/04/18 (水) 13:57

2018/04/18 (水) 09:25

2018/04/17 (火) 07:20

2018/04/16 (月) 13:11

2018/04/16 (月) 12:06

2018/04/15 (日) 16:27

2018/04/15 (日) 10:06

2018/04/13 (金) 07:12

2018/04/12 (木) 15:34

2018/04/12 (木) 10:29

注目記事
コトダマン リセマラ当たりランキング 共闘ことばRPG コトダマン
NEWSに恋して 攻略ルート NEWSに恋して
プリコネR イベント攻略 プリコネリダイブ
白猫 おすすめソードマスター 白猫プロジェクト
デレステ SSR一覧 アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
ページ編集 トップへ